ただ小さいだけか、病気なのか

ただ小さいだけか、病気なのか

短小ペニスは、ただ小さいだけと病気の2種類があります。
極端に小さくて病気と診断されれば治療が可能です。
しかし多くの人は平均サイズより小さいから短小なだけで、病気ではありません。

 

ただ小さいだけか、病気なのか

 

子供の頃、母親が不安に思って乳幼児健診などで相談すると確認してくれます。
しかし成長段階なので要観察になる事もあります。

 

思春期や成人になって自分であまりにも小さいと思ったら、泌尿器科を受診しましょう。
思春期前なら早期の治療が出来るので、気になったら早めに行くのが吉です。
思春期を過ぎていれば男性ホルモン治療をします。

 

ペニスを大きくしたいと増大法を試す前に、病気による短小の可能性があればまずは受診しましょう。
治療対象になればしっかり短小を治せます。
ただし少し小さいぐらいでは病気ではないので、正しい判断をしましょう。

 

お子さんが将来コンプレックスにならない様に、子供の頃は親が確認してあげましょう。